幾つかある気分障害

女性

簡易的に検査できる

気分障害は症状の特徴によって種類分けされています。代表的な大鬱病は脳のエネルギー不足となった状態となるため、何事にも興味や楽しさを感じられず、重症になると生きていることも辛くなってしまいます。心と同時に身体の調子も崩し、寝不足になったり体のどこかに痛みを感じたりすることがしばしばです。サイトでよく見るチェックシートで判断できるのがこの疾患です。大鬱病と同じく抑鬱状態に陥るが、定期的に交代して躁状態も起こるのが、双極性障害です。治療薬が異なるため、大鬱病との違いをチェックし、早期に診断するのが望ましいとされています。躁状態のときは非常に元気で生命力に溢れていますが長くは続かず、落ち込んだ状態に入るので、人には多重人格と勘違いされることもあります。躁状態が軽い人は双極II型障害、重い人は双極I型障害と区別し、後者は入院治療が必要になることが多いです。そして軽い抑鬱状態がずっと続く慢性疾患を、気分変調障害と言います。代表的な症状は社会や家庭に適応できない感覚を持ち、罪責感に悩まされ、刺激に過敏になるなどです。医療機関のサイトや情報サイトなどで利用できるチェックシートでは、大鬱病かどうかを調べることが可能です。また、チェックポイント数が少なかった場合は、気分変調障害の疑いがあると判断できます。こうしたチェックシートの多くは大鬱病を診断するのに国際基準となっているシートを参考にしたもので、医療機関でも役立てられています。したがって、ある程度正確な診断が出せるということで人気です。しかし、精神障害でないという結果が出たとしても、精神の落ち込みが長く続くとすれば、普通ではない状態です。周囲に相談したり、少し仕事を減らしたり、何もしない時間を増やしたりしてエネルギーがチャージできる時間を作るといいかもしれません。それでも元気のない状態であれば、精神科や心療内科の受診が適切です。医師は問診をじっくり行った上で、病気でないかどうかを診断します。精神疾患の種類は多いですし、身体疾患が隠れている可能性もゼロではありません。診断は容易ではありませんが、医師はチェックシートを活用しつつ様々な検査を併せて行い、正確な診断に努めてくれます。

原因の究明が期待されます

聴診器

鬱病になる人は偏った考え方や性格をしている人が多く、ストレスがきっかけとなり発症します。職場や家庭環境についてあらかじめストレスチェックしておく事が必要です。日頃から過剰なストレスを避ける事ができれば、鬱病を予防する事が期待できます。

詳しく見る

病気を簡易的に調べる方法

女の人

2週間以上気分の落ち込みが続くなど、調子が悪いときは医師に診てもらうのが適切です。医療機関の敷居が高いという人は、まずはサイトに掲載されている鬱病のチェックシートを利用して、病気の可能性を調べてみるのもいいでしょう。

詳しく見る

うつ病かなと思ったら

男の人

まず鬱かなと思ったら、すぐに自己チェックしてみることをお勧めします。これは非常に大事なことです。自分で判断するのはよくありませんので、まずはセルフチェック、そして結果が良くないなら、医療機関へ行きましょう。

詳しく見る

精神科での治療

看護師

鬱病の症状があれば早めに医療機関で受診します。それで早期発見早期治療に役立ちます。病院に行く時は予約が必要です。その後予約日にチェックシートに記入して問診を受けます。必要な時は血液検査も受ける事があります。

詳しく見る