原因の究明が期待されます

聴診器

ストレスはきっかけです

鬱病は一生の内で15人に1人の割合でかかる病気と言われています。決して特別な病気ではなく、誰もが患う可能性のある病気の1つです。そしてこの病気になりやすい人には共通した特徴があるので、あらかじめチェックしておく事で病気を未然に防ぐ効果が期待できます。まず生真面目な人や完璧主義な人は鬱病にかかるリスクが高いです。外からのストレスがなくても、自らストレスを生み出してしまう傾向にあります。少しのミスも許さず、息抜きや遊びを怠惰と決め付けてしまう人さえいます。そして容姿のコンプレックスを持つ人に多いのが自意識過剰な人です。常に他人の視線が気になるので、ストレスが溜まりやすいです。更に他人とのコミュ二ケーションが不得意な人は、日頃から自分の感情を抑えがちです。物事がスムーズに運ぶからといって相手に合わせてばかりでは疲れてしまいます。この様な性格にあてはまる人は周囲からいい人と思われていたり、高い社会的評価を受けていたりする人もいます。専門医は、これ等の点についてチェックした上で治療方針を立てていきます。鬱病患者には独特の性格や気質を持つ者が多い事が知られ、それ等が原因しているのではないかと言われています。その他にも遺伝的なものが関係しているとも考えられています。しかし近年の患者数の急増は、これ等だけが原因とはいえないのが現状です。そこで有力なのが生物学的な原因説です。脳内の神経伝達物質の減少が鬱病の症状を引き起していると考え、薬の効果で減少を抑えます。中でもセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなどの物質を正常な量に保つ事で症状の改善が期待できます。そしてこの病気に大きな影響を及ぼしているのがストレスです。現代はストレス社会です。家庭や職場等のあらゆる所にストレスが存在しています。過剰なストレスに晒され続けた事が引き金となり、鬱病を発症する人が大勢います。一定数の従業員が在籍する職場はストレスチェック制度が義務化されていますが、その他の場所については自分でチェックするしかありません。日頃からストレスとなりそうな環境や事柄についてチェックしておく事が必要です。