病気を簡易的に調べる方法

女の人

他の気分障害は分からない

鬱病が社会で広く認知され、病状に対しても理解が進んできました。自分もそうでないか不安になる人もいるかもしれません。その場合は精神科や心療内科を受診するのが近道ですが、不安を覚えながらも受診しない人が多いことから、まだまだ敷居の高い診療科であることがうかがえます。もし医療機関に足を運びにくかったら、地域に設置されている相談所を利用するのも一つの方法です。相談先には、保健所や保健センター、精神保健福祉センターなどが挙げられます。こうした公的機関では鬱病かどうかのチェックを行い、必要に応じて医療機関の案内を行っています。また、職場や仕事の悩みの相談に乗ってくれる電話相談などを利用するのもいいかもしれません。それから、鬱病のチェックは医療機関のサイトや情報サイトなどで行うことも可能です。医療機関では国際的な診断基準を患者の診断に役立てていることが多いのですが、サイトに掲載されているチェックシートもこれに倣ったものになっています。ですので、情報サイトに掲載されているものでも、比較的信憑性の高い結果が出ることが予想できます。サイトに掲載されているチェックシートで鬱病の可能性が高かったとしても、実際に医師に診てもらうと違う結果が出るかもしれません。精神の病というのは血液検査や脳波検査などだけで診断できるものではなく、問診が第一となります。問診はチェックシートを参考にしつつも、患者自らの言葉で体験や悩みを話してもらうことが重視されます。また、家族など、いつもの様子を知る人からの話が参考になる場合も少なくありません。鬱病は治療が始まると休職しなければいけないという情報を良く耳にするかもしれませんが、一概には言えず、軽症であれば仕事をしながら通院で改善することも可能です。つまり受診が遅れれば病状が悪化し、休職が必要になる可能性が上がるということです。早めの受診が損失を最小限に抑えられるでしょう。それから、チェックシートで分かるのは重症の大鬱病である場合が多いので注意したいところです。気分変調障害や季節性鬱病など、気分障害は様々な種類分けがなされています。他の気分障害の可能性は否定できないので、2週間以上調子が悪い状態が続いていたら受診してください。